• 外壁にも種類がある?
  • 外壁塗装は「下地づくり」が決める?
  • 「塗装業者」と一口に言うけれど?
  • 価格にはちゃんと仕組みがある?
  • 外壁塗装の色を決めよう!
  • これぞ匠の世界!
  • 見積書の実例で違いを見分ける!
  • 事前の「家の診断」で全てが決まる!
  • 見積もりによくあるQ&Aをチェック!
  • 見積書を頼むときの心構えを知ろう!

HOME > 「塗装業者」と一口に言うけれど?

「塗装業者」と一口に言うけれど?

法則3:塗装業者の担当は現場の人間を!

どこを選べばいい?

「塗装業者」と一口に言っても、実際に施工する業者以外にも建設会社やハウスメーカーなど、その種類はさまざま。

では、より理想に近い見積もりを取ってもらうためには、どのような業者を選ぶべきなのでしょうか?

正確な見積もりを出すためには、現場のことを正確に把握している必要があります。実際に外壁塗装を行うのは、「専門家」である塗装専門工事業者。『現場の話』ができる人物に見積もりはとってもらいましょう!

次の法則を見る

ようこそ、塗装の世界へ

「塗装」に関わる業者の種類

塗装に関わる業者の種類は、大きく5種類に分けることができます。

「塗装」に関わる業者の種類

塗装専門工事業者が一番?

上記の図からもわかるように、塗装に関わるどの業者も塗装専門工事業者に下請け依頼を行って施工をしています。ここで中間マージンが発生するため、余計な費用がかかってしまいます。

その点塗装専門工事業者に直接施工を依頼すれば、中間マージンも発生せず、費用を削減することができるのです。また、見積もりや施工、アフターケアまでが一元管理されているため、責任が明確だというメリットもあります。

だからといって塗装専門工事業者が必ずしも良いわけでもありません。当然ながら業者によって技術にも知識にも大きな差があります。元請けの指示通りに依頼された仕事はできても、自分で外壁の状態を正しく認識し、最適な塗装システムを構築できない塗装専門工事業者もいるのです!

また、ハウスメーカーによっては建物の長期保証を付けている会社も多く、自社以外の業者が施工した場合は長期保証が付かないこともあるようです。単純に施工の値段だけで業者を選ぶのではなく、過去の施工事例や各種サービスなども検討した上で選ぶべきでしょう。

朝倉塗装のこだわり

一元管理で責任ある施工!

朝倉塗装では、下請け業者を一切使わない「直接施工」を行っています。

建物の診断は元より、説明・見積もり・工事・アフターケアまでの全てを一元管理しています。そのため責任は明確になり、質の高い工事が可能になります。他人任せにしないからこそ、丁寧でこだわりのある塗装が可能なのです!

見積もりだけとって、実際に作業をしにきたのは別の会社、などということはありません。現場を、あなたの家を把握している職人が向かい、直接話をしなければわからないこともたくさんあります。

一元管理は誰のせいにもできません。『自負』と『こだわり』があるので、誰かのせいになどしていられない、といった方が正確でしょうか。


このページのトップへ